TOPICS ニュース

ニュース

ご来館の皆様へのお願い-高志の国文学館の新型コロナウイルス感染症対策

富山県内でも新型コロナウイルスの感染拡大が継続し、県ではStage2(警戒情報発出)の措置を実施しています。

ご来館の皆様には、あらためて次の点についてご協力をお願いします。


【ご来館前に】

○利用当日37.5度以上の発熱、咳などの症状がみられる体調不良の方、直近2週間以内に海外渡航歴のある方については来館自粛にご協力ください。

【館内では】

○マスクの着用、手洗い、3密の回避など基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。

○入館に際しては手指消毒、検温をお願いします。

○館内では他の利用者と1m以上の間隔を確保し、会話は控えめにお願いします。


なお、今後の感染拡大によりイベントの中止など新たな措置が必要になった場合は、決定次第、速やかにホームページ、SNS等でお知らせします。


皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

企画展
Exhibition

一覧を見る
次回の企画展

久泉迪雄の書斎から-“悠かなり 富山の文化”

高志の国文学館では、令和3年2月6日(土)より企画展「久泉迪雄の書斎から-“悠かなり 富山の文化”」を開催します。


歌人であり、富山の文化そのものである人。


技術者、数学や国語、時には英語の教員、そして美術館館長と、多彩な経歴を持ち、専門学校の創設に携わり、数多くの文化団体の運営を支え続けてきた―幅広い関心と専門領域、類まれな行動力、誠実な人柄と人間的な魅力、なにより富山の自然と風土、文化を愛する歌人、久泉迪雄(ひさいずみ・みちお)。大伴家持の歌のこころを引き継ぎ、万葉集の故地に豊饒な文化が花開くことを願い、精力的に活躍しています。


本展では、自然科学と文学の双方に通じ、美術、工芸に造詣深く、多くの文学者、美術家との交友を通じて、富山の教育と文化の発展に力を尽くしてきた知の体系を探り、富山の文化の過去と現在を俯瞰し、その未来を展望します。

アクセス

観覧料

高志の国文学館

〒930-0095 富山市舟橋南町2-22

TEL 076-431-5492
FAX 076-431-5490

常設展示観覧料

一般200円(団体160円)
※70歳以上の方は常設展示のみ無料で観覧できます。(年齢を証明できるものが必要です。)

企画展示観覧料

展覧会によって異なります。