高志の国文学館

KOSHINOKUNI Museum of Literature

ホーム > 当館について:当館の概要 > 沿革

当館の概要

沿革

H20年 6月 ふるさと文学魅力推進検討委員会の設置
H20年10月 県民アンケート調査の実施
H21年 2月 委員会「ふるさと文学の振興に関する報告書」を報告
H21年 6月 ふるさと文学資料評価・活用委員会を設置
H21年11月 知事公館を廃止し、文学館の建設候補地として発表
H22年 2月 委員会「ふるさと文学の拠点施設の整備・運営にかかる基本的な考え方」を報告
H22年 3月 「富山県ふるさと文学館(仮称)整備基本方針」を策定
H22年 3月 知事公館を廃止
H22年 5月 文学館開設準備委員会を設置
H22年11月 館長予定者として辺見じゅん氏が顧問に、中西進氏、篠田正浩氏、
藤子不二雄Ⓐ氏、滝田洋二郎氏がアドバイザーに就任
H23年 4月 公募したレストラン部門に「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の出店が決定
H23年 7月 建築工事に着手
H23年 9月 名称を「高志の国文学館」に決定
H23年 9月 辺見じゅん顧問が急逝
H23年10月 高志の国文学館条例を一部施行
H23年11月 高志の国文学館指定管理者の募集開始
H23年12月 中西進館長が就任
H24年 1月 高志の国文学館開館日を7月6日に決定
H24年 7月 開館