高志の国文学館

KOSHINOKUNI Museum of Literature

ホーム > お知らせ > 催し・進捗ニュース > 動物や植物たちの声を、はがきに込めて。企画展「北の命の物語展 倉本聰と点描画」の開催及び関連事業「はがき作品コンテスト」の実施について

お知らせ

高志の国文学館では、平成31年1月6日(日)より標記企画展を開催します。

本展では、ドラマ『北の国から』など数多くの名作を世に問い続ける倉本聰の脚本家・演出家としての仕事とともに、樹と対話するように描いた点描画約100点を一堂に公開します。

このたび本企画展の関連事業として、「はがき作品コンテスト」の募集を開始しましたので、お知らせします。

 

1 関連事業「はがき作品コンテスト」の実施について(詳細は別添チラシをご覧ください。)

(1)テーマ  自然と話してみませんか ~動物や植物たちの声を、ことばで表してみよう~

(2)募集内容

①サイズ 横10㎝×縦14.8㎝の用紙(官製はがきと同サイズ)

②条 件 手書きまたはちぎり絵など自由に描いた絵に、ことばを付け加えてください。画材や技法は問いません。

③部 門 こどもの部(中学生以下)、一般の部(応募資格は問いません。)

④入 賞 最優秀作品:各部門1点、優秀作品:各部門14点。その他入賞あり。

※企画展会期中、高志の国文学館内で展示します。

⑤表彰式 優秀作品の受賞者を企画展の開会式に合わせ、高志の国文学館 中西館長から表彰をします。

⑥締 切 平成30年12月14日(金)当日必着

⑦応募先 〒930-0095 富山市舟橋南町2-22  高志の国文学館「倉本展はがきコンテスト」係

 

2 企画展の開催について

(1)会 期  平成31年1月6日(日)~3月4日(月) (開会式:1月6日(日)10時~)

(2)場 所  高志の国文学館企画展示室 (開会式:高志の国文学館エントランス)

(3)主な展示

①樹と対話する点描画約100点を展示。制作に用いた画材や道具も併せて展示。

②ドラマ「北の国から」の企画書や台本、五郎の丸太小屋の模型など執筆活動の一端が見える貴重な資料。

③東日本大震災の被災地、福島県富岡町で描いた「夜の森 桜はそっと呟く」のシリーズ。

(4)観覧料  一般500円(400円)、大学生250円(200円)※( )内は20名以上の団体料金

(5)その他  開会式及びその他関連イベントにつきましては、詳細が決まり次第別途ご案内いたします。

はがきコンテストチラシ