高志の国文学館

KOSHINOKUNI Museum of Literature

ホーム > お知らせ > 催し・進捗ニュース > 越中万葉・首都圏シンポジウム『詩をよむ歓び-家持の歌をめぐって』

お知らせ

現存する日本最古の歌集『万葉集』。その編纂に深く関わったとされる大伴家持は、越中国守として赴任した5年間に、越中に関わる223首もの秀歌を詠んでいます。平成30年に生誕1300年を迎えた大伴家持について、その功績を普及・啓発するとともに、『万葉集』の編纂に込められた想いを次世代に継承するために、大伴家持文学賞の創設や記念式典の開催など、これまでに様々な記念事業に取り組んできています。
今回、その最後を飾るシンポジウムを開催し、家持を通して詩歌を楽しむ歓びや、歌人家持の心を育んだ本県の魅力を、首都圏から全国に向けて発信します。

1日 時 平成31年3月24日(日)開場12:30 開演13:30 終了16:30

2会 場 ベルサール飯田橋ファースト(東京都文京区後楽2-6-1)

3定 員 500名(入場無料・要申込)

4内 容
(1)基調講演
「現代短歌に生きる家持の心」講師:小島 ゆかり(歌人)
「空なればこそ-大伴家持と堀田善衞」講師:中西 進(高志の国文学館館長・国文学者)

(2)富山県の文化施策等の紹介  石井 隆一(富山県知事)

(3)パネルディスカッション   小島 ゆかり 中西 進 石井 隆一

※会場では、富山県の特産品販売も行います。

5申 込
<整理券の申込方法>・・・詳細は別添案内チラシの裏面のとおり

必要事項[郵便番号・住所・氏名・電話番号・参加人数(2名様まで)]を明記し、①インターネット②往復はがき③ファックスのいずれかの方法で申し込むことができます。

①インターネット
URL(https://www.sap-co.jp/)にアクセスし、必要事項を入力。3/15(金)18時受付終了。

②往復はがき
宛先(〒112-0012 東京都文京区大塚5-3-13ユニゾ小石川アーバンビル8F(株)SAP内「越中万葉・首都圏シンポジウム事務局」と必要事項を記入し投函。3/15(金)必着。

③ファックス
必要事項を記載し、ファックス[03-6902-9996 越中万葉・首都圏シンポジウム事務局宛]送信。

3/15(金)18時受付終了。

6お問い合わせ
越中万葉・首都圏シンポジウム事務局(株式会社SAP内)
TEL03-6912-0945(平日10時~18時)