高志の国文学館

KOSHINOKUNI Museum of Literature

ホーム > お知らせ > 展示 > 【展示替えのお知らせ】堀田善衞―世界の水平線を見つめて

お知らせ

現在開催中の「生誕100年記念特別展 堀田善衞―世界の水平線を見つめて」の展示作品・資料の展示替え(88点)を11月28日(水)より行いましたので、お知らせします。概要は以下のとおりです。

1 展示替えの概要

(1) 展示期間  平成30年11月28日(水)~12月17日(月)

(2) 展示場所  高志の国文学館企画展示室

(3) 展示替点数 88点

(4) 新たに展示する主な作品・資料

・船額「積善」(堀田家旧蔵の伊達額、当館蔵)

・羅針盤(堀田家旧蔵、当館蔵)

・「綴方清書帳(つづりかたせいしょちょう)」(作文「六年生の初に」所載、県立神奈川近代文学館蔵)

・「『路上の人』から『ミシェル 城館の人』まで それから・・・」(原稿、県立神奈川近代文学館蔵)

 

2 主な展示資料の概要

(1)船額「積善(せきぜん)」(江戸時代 36.5×67.0×8㎝ 木、墨)堀田善衞生家「鶴屋」伝来の船額。

船額・・・船の居住スペース等に掛けられる額で、船の名前や縁起の良い言葉が書かれるもの

(2)羅針盤(江戸時代、直径7.8×1.5㎝ 鉄、「鶴屋」伝来の羅針盤)

※上記2点は、堀田勝之氏(堀田善衞の次兄である堀田善二氏のご子息)からの寄贈。