高志の国文学館

KOSHINOKUNI Museum of Literature

ホーム > お知らせ > 展示 > 常設展示室 最新情報

お知らせ

●特別コレクション室「新資料・翁久允と竹久夢二」

10月4日から、特別コレクション室展示「新資料・翁久允と竹久夢二」がはじまりました。

翁久允と竹久夢二が渡米した時の豪華客船ディナーメニューや、書簡、原稿など、初公開資料を中心に、

二人の交友を示す資料や写真をご紹介いたします。

展示期間:平成29年10月4日(水)~平成30年3月26日(月)


「ローマ字エハガキ」
翁久允は、大正時代のほとんどをアメリカで暮らしました。
竹久夢二の絵に、ふるさとを懐かしんだといいます。
夢二の絵が印刷された絵葉書は、アメリカで暮らす翁夫妻へ、知人が日本から送った手紙です。

●先人コーナー「ヘルン文庫 父・ハーン(小泉八雲)の英語教育」

当館では、富山大学所蔵の「ヘルン文庫」(小泉八雲の旧蔵書)を紹介するコーナーを常設展示室「越中の先人」内に設け、

定期的に展示替えしています。今回は、「父・八雲の英語教育」をテーマに、教育を通じた親子の交流の一端をご紹介します。

展示期間:平成29年10月4日(水)~12月25日(月)


Macmillan’s New Literary Readers: Standard 0
(Macmillan&Co. 1898   富山大学附属図書館蔵)
長男・一雄への英語教育のテキストとして使われていた本。
八雲が一雄のために書いた片仮名の日本語訳を随所に見ることができます。