高志の国文学館

KOSHINOKUNI Museum of Literature

ホーム > お知らせ > 展示 > 特別コレクション室「堀田善衞の詩―館蔵品より」

お知らせ

高志の国文学館では、2018年10月17日から12月17日まで、生誕100年記念特別展「堀田善衞-世界の水平線を見つめて」を開催しました。特別コレクション室では、2019年3月13日(水)から6月24日(月)まで、堀田善衞の詩の草稿4点と、詩人・深尾須磨子とともに記した色紙を館蔵品より紹介します。

堀田善衞は、戦中戦後にかけて、数十篇の詩を残しています。その詩は、多くが死を描いたものでした。
堀田は、1952年(昭和26年)度下半期の芥川龍之介賞を「広場の孤独」、「漢奸」ほかで受賞した後、小説、文明批評、評伝と、散文の世界に仕事の場を移していきます。戦争で失われた多くの命を悼む詩群は、その出発点に位置づけられます。

【概 要】

(1) 展示期間  2019年3月13日(水)~6月24日(月)

(2) 展示場所  高志の国文学館特別コレクション室

(3) 展示数 6点

(4) 主な作品・資料

・自筆原稿 詩稿「熱高く」ほか(当館蔵)

・自筆色紙 堀田善衞・深尾須磨子色紙(当館蔵)