展示情報

exhibition

終了

宮沢賢治 童話への旅

令和元年5月25日(土)~7月15日(月・祝)

「銀河鉄道の夜」や「風の又三郎」など、数多くの童話や詩を残した宮沢賢治。自然との交感を扱った豊穣な作品世界は、今も読む者の想像力を刺激し、魅了し続けています。


本展では賢治童話の舞台を写真パネルでたどるほか、賢治童話の世界を絵本原画や映像を交え、多面的に紹介します。また、賢治の足跡を振り返るための資料も充実。「石っこ賢さん」と呼ばれるくらいに収集に熱中していた鉱物、家族との貴重な写真や賢治が描いた絵、両親に宛てた書簡などをご覧いただきます。中でも、賢治が愛用し、実像に迫る重要な書き込みが多く残されている「雨ニモマケズ」手帳は、北陸初公開です。


「ほんとうの幸い」とは何か。賢治の童話作品を手がかりとして、探求する旅に出てみませんか。

終了

宮沢賢治自筆の「雨ニモマケズ」手帳ほか、北陸初公開!

令和元年5月25日(土)~7月15日(月・祝)

門外不出とされる宮沢賢治の自筆資料(林風舎蔵)が、「宮沢賢治 童話への旅」展(5月25日(土)~7月15日(月・祝)、高志の国文学館)で、北陸初公開されます。期間限定での公開となる資料もありますので、お見逃しなく!


主な初公開資料は以下の通り。( )内は自筆資料展示期間。期間外は複製を展示。


宮沢賢治の弟、清六氏の孫にあたる宮澤和樹氏(株式会社林風舎代表)が本展開会式(5月25日(土))に合わせて来県。宮澤氏によるオープニング・ギャラリートーク(11:00~)を開催します。ぜひお越しください。

終了

賢治の代表作14作品を絵本原画でたどる!

令和元年5月25日(土)~7月15日(月・祝)

「宮沢賢治童話への旅」展(5月25日(土)~7月15日(月)、高志の国文学館)では、宮沢賢治の代表作14作品を絵本原画70点で紹介します。賢治の童話世界を絵本画家の多彩な表現と共にお楽しみください。


主な絵本原画展示作品は以下のとおりです。


『セロ弾きのゴーシュ』(さとうあや、ミキハウス)


『ざしき童子(わらし)のはなし』(伊勢英子、講談社)


『気のいい火山弾』(田中清代、ミキハウス)


『やまなし』(川上和生、ミキハウス)


『雪わたり』(方緒良、ミキハウス)


『風の又三郎』(伊勢英子、くもん出版)


『どんぐりと山猫』(田島征三、ミキハウス)


『注文の多い料理店』(スズキコージ、ミキハウス)


『オツベルと象』(荒井良二、ミキハウス)


『なめとこ山の熊』(あべ弘士、ミキハウス)


『よだかの星』(ささめやゆき、ミキハウス)


『雨ニモマケズ』(柚木沙弥郎、ミキハウス)


『銀河鉄道の夜』(東逸子、くもん出版)


『ポラーノの広場』(小林敏也、パロル社)


この他に、『ポラーノの広場』(小林敏也、パロル社)の原画を用いたスタンプラリーなども開催しています。ぜひご家族でご来館ください。

終了

翁久允と吉井勇・川田順―富山を訪れた歌人たち

令和2年6月19日(金)~令和3年6月下旬
【開催中】後期②4月7日(水)~6月下旬


高志の国文学館では、公益財団法人翁久允財団の協力を得て、翁久允旧蔵資料の調査を行っています。本展示は、その調査報告の一環として、翁久允と、富山歌壇に大きな影響を与えた二人の歌人―吉井勇と川田順との親交を伝える資料を紹介します。


久允(おきな・きゅういん 1888~1973)は、小説家、ジャーナリストとして活躍し、昭和11年(1936)に郷土文化誌『高志人』を創刊、生涯を通じて刊行を続けました。


吉井勇(1886~1960)と川田順(1882~1966)は、戦時中、雑誌統合により『高志人』が『高志』と改称して刊行された時期を中心に、短歌や文章を寄稿しました。



今回の展示では、郷土文化誌『高志人』、『高志』に掲載された川田順の原稿、川田順の『鷲』10首の内1首の紙本墨書(当館蔵)のほか、翁久允・小又幸井から川田順に宛てた寄せ書き(当館蔵、久泉迪雄氏寄贈)などを紹介します。寄せ書きには、小又幸井が川田順邸を訪ねた際の思い出や翁久允の絵が記されています。

終了

「戦後の富山俳壇―富山文学地図(2)」代表作と資料でたどる戦後の富山俳壇の歩み

令和2年6月19日(金)~令和3年6月下旬

立山のかぶさる町や水を打つ    前田普羅


とびからすかもめもきこゆ風ゆきげ 金尾梅の門


父祖の地や蜻蛉は赤き身をたるる  角川源義













戦禍は県内の俳壇に大きな打撃をもたらしましたが、俳句運動の動きはすぐに芽吹き、前田普羅は昭和21年(1946)「辛夷」を復刊、翌二十二年には金尾梅の門も「古志」を創刊(のちに「季節」に改題)しました。




県出身で角川書店の創業者である角川源義は、二十七年に日本の俳句隆盛の原動力となった雑誌「俳句」を創刊し、富山では会派を超えた富山県俳句連盟が結成されました。




本展では、戦後の富山俳壇を代表する俳人たちの「富山を詠んだ俳句23選」を中坪達哉(富山県俳句連盟会長)の選・解説でたどると共に、貴重な富山の俳句資料を一堂に展観します。