展示情報

exhibition

開催中の企画展

映画監督 本木克英 展

高志の国文学館では、令和3年4月29日(木・祝)より企画展「映画監督 本木克英 展」を開催します。


富山県出身の映画監督・本木克英。「釣りバカ日誌」シリーズ、「超高速!参勤交代」「空飛ぶタイヤ」など話題のエンタテインメント作品をつぎつぎに撮る一方で、テレビドラマや舞台の演出の場でも活躍しています。最近では、ラブストーリーやミュージカル、時代劇といったさまざまなジャンルの映画のメガホンをとる、いま最も期待を集める映画監督の一人です。本年1月には、映画「大コメ騒動」を公開しました。登場人物の人となりや、その背景にある時代・社会を描いて、リアリティや社会的なメッセージを大切にする監督の作品では、人と人とのふれあいや人間の温かさ、面白さが笑いになって表現されています。


本展では、本木克英監督のエンタテインメント映画の世界を、代表作を通じて紹介します。また、人情喜劇を数多く手がけてきた監督の映画力にインタビューをまじえてせまります。







企画展「映画監督 本木克英 展」(令和3年4月29日[木・祝]~6月21日[月])の開催を記念して、富山県ゆかりの映画作品一覧(PDF)を公開いたします。


富山県内でどんな映画が撮影されたのか、また、どこが映画のロケ地となったのか、ぜひご覧ください。


※富山県内のロケ地情報をお持ちでしたら、お寄せいただければ幸いです。