展示情報

exhibition

終了した企画展

富山を舞台モデルにしたアニメ「サクラクエスト」

2017年の春から秋にかけて放送されたP.A.WORKS制作のTVアニメシリーズ『サクラクエスト』は、南砺市を舞台モデルにした作品で、現地の風景が作中に多く見られるなどアニメファンを中心に話題となりました。
放送終了後には南砺市からサクラクエスト製作委員会へ、南砺市と作中の市「間野山市」の姉妹都市提携の話が持ち掛けられるなど、リアルとアニメの融合による新たな取組みが行われました。
本企画では、『サクラクエスト』から生まれた『リアルとアニメの取り組み』を紹介します。
※12月16日(土)は、イベント開催のため、研修室101にて展示いたします。

  • 会期
    2017年12月6日(水)~2018年2月5日(月)
  • 開館時間
    午前9時半~午後6時
  • 休 館 日
    毎週火曜日
  • 観 覧 料
    無  料
  • 内容

    パネル展示、チュパカブラ国王の王冠、王笏、間野山彫刻の木彫りの靴など

  • 会場

    高志の国文学館 ライブラリーコーナー

  • 主催

    高志の国文学館

  • 協力

    P.A.WORKS、南砺市、高オタクラフト実行委員会、井波彫刻協同組合、サクラクエスト製作委員会