発行物・ショップ

Publications and Shops

図録『開館1周年特別展 辺見じゅんの世界』平成25年8月10日発行

目次

ごあいさつ

 「辺見じゅんの世界」展の開催にあたって 石井隆一

 瞽女と雪と父 中西進

 詩集『夕鶴忌』の背景 角川春樹

序章 娘にとっての「父」―辺見じゅんの文学の原点

 母の選んだ人生 スキャンロン香子

 角川真弓さんを思う 中野やよい

第一章 辺見じゅんの作品世界

 一、辺見じゅんが見た風土

 椿を焚く 馬場あき子

 「水橋の女」から「日本の女」へ 八木光昭

 命、魂、癒しを詠う 植松哲太郎

 二、辺見じゅんが語り継ぐ父たちの世紀

 辺見さんとの思い出 西本正明

 原郷へ帰った辺見じゅん氏 森村誠一

第二章 辺見じゅんからのメッセージ

 辺見じゅんにとっての幻戯書房 田尻勉

 資料編/略年譜/著作目録/主な出品資料/執筆者一覧


64ページ、1,029円、友の会会員926円 


100311_01.jpg