高志の国文学館

KOSHINOKUNI Museum of Literature

更新情報
更新情報

開館5周年記念企画展「竹久夢二 音楽を描く」

開館5周年記念企画展「竹久夢二 音楽を描く」

直近のイベント ●蓄音機の実演 申込不要/要観覧券 日  時:毎週 金・土・日 各日11:00~11:30 ●竹久夢二表紙画楽譜による音楽会② 合唱コンサート 申込不要/参加無料 日  時:平成30年1月20…

西村まさ彦プロデュース 大伴家持生誕1300年記念「和歌と朗読を楽しみ、童謡を歌い、日本語の美しさを知る集い≪小学生編≫」

西村まさ彦プロデュース 大伴家持生誕1300年記念「和歌と朗読を楽しみ、童謡を歌い、日本語の美しさを知る集い≪小学生編≫」

日時:平成30年1月28日(日)15時開演 会場:高志の国文学館 料金:観覧無料 ~公演内容~ ●大伴家持生誕1300年記念・和歌を詠む 『春の苑紅にほふ はじめての越中万葉』を使って、大伴家持が富山で暮ら…

特別コレクション室「新資料・翁久允と竹久夢二」講演会&夕食会

現在、特別コレクション室において展示紹介している日本郵船秩父丸・龍田丸のディナーメニューは、昭和6年(1931)、翁久允と竹久夢二のアメリカへの旅の記録としても、昭和初期の船旅の様子を伝える資料としても大変貴重です。メニ…

【特別展示】富山を舞台モデルにしたアニメ「サクラクエスト」

【特別展示】富山を舞台モデルにしたアニメ「サクラクエスト」

2017年の春から秋にかけて放送されたP.A.WORKS制作のTVアニメシリーズ『サクラクエスト』は、 南砺市を舞台モデルにした作品で、現地の風景が作中に多く見られるなどアニメファンを中心に話題となりました。 …

日本郵便株式会社オリジナルフレーム切手「大伴家持生誕1300年記念 越中万葉絵画集」の発行について

日本郵便株式会社オリジナルフレーム切手「大伴家持生誕1300年記念 越中万葉絵画集」の発行について

県では、平成30年に大伴家持の生誕から1300年を迎えることから、この機会に、 家持の功績を広く普及啓発するための記念事業を展開しており、その一環として、日本郵便㈱北陸支社との連携のもと、 同支社が「大伴家持…

文化を語る夕べ

文化を語る夕べ

高志の国文学館では、文学、美術、音楽、映画などの各界の著名な講師をお招きし、 文化について語り合う会を新たに開催いたします。 文学館内のレストランで美味しいイタリア料理を楽しみながら、少人数で講師を囲み親しく…

落合務シェフの料理&トーク

高志の国文学館のレストラン 「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ・トヤマ」のオーナー、 落合務シェフの料理の実演とトークのイベントを開催します。 毎回定員を上回る人気の企画です。お早めにお申し込みください。 …

常設展示室 最新情報

●特別コレクション室「新資料・翁久允と竹久夢二」 10月4日から、特別コレクション室展示「新資料・翁久允と竹久夢二」がはじまりました。 翁久允と竹久夢二が渡米した時の豪華客船ディナーメニューや、書簡、原稿など…

書道パフォーマンス「家持の秀歌を書く」

書道パフォーマンス「家持の秀歌を書く」

「大伴家持生誕1300年記念事業」に合わせて、大伴家持の歌を題材とし、 富山中部高等学校及び富山高等学校の書道部による書道パフォーマンスを開催します。 演示時間は20分程度なので、お見逃しなく! ①富山…

第4回高校生による朗読会

第4回高校生による朗読会

高志の国文学館では、高校生に日頃の練習の成果を発表いただくとともに、 幅広い年代の方々に朗読の魅了と可能性を再発見していただくため、「高校生による朗読会」を開催いたします。   1日時 平成3…

4館友の会連携企画特別講演会

富山県[立山博物館]友の会、高志の国文学館友の会、富山県水墨美術館友の会、富山県美友の会の連携企画として、 米原寛氏(元富山県[立山博物館]館長)の特別講演会「自然に学ぶ-立山のこころ景観-」を開催します。 ※本…

「絵本読み聞かせ会」のご案内

絵本に囲まれた親子スペースを活用し、『絵本読み聞かせ会』を定期開催しています。 読み聞かせのほかに、手あそびや工作などをして楽しんでいます。 大人の方も大歓迎です。お気軽に遊びにきてください。(予約不要・無料…

高志の国文学館 炉辺暖話

コーヒーでも飲みながら、文学館の職員と語り合いませんか。 (コーヒーは文学館よりサービス致します。) 第1回  開催日 平成30年1月14日(日) テーマ 「絵本の絵を読む(2)」     『100万回生き…

高志の国 文芸サロン´18春 参加のお誘い

日本ペンクラブ 富山の会は、県民が深く文芸を愛し、さらに創作の歓びを求めるに至ることを期待して、 広く県ゆかりの文芸人の協力を求めつつ、高志の国文学館における文芸サロンを開設しました。 高志の国 文芸サロン´…