高志の国文学館

KOSHINOKUNI Museum of Literature

更新情報
更新情報

facebook
twitter
instagram

動物や植物たちの声を、はがきに込めて。企画展「北の命の物語展 倉本聰と点描画」の開催及び関連事業「はがき作品コンテスト」の実施について

動物や植物たちの声を、はがきに込めて。企画展「北の命の物語展 倉本聰と点描画」の開催及び関連事業「はがき作品コンテスト」の実施について

高志の国文学館では、平成31年1月6日(日)より標記企画展を開催します。 本展では、ドラマ『北の国から』など数多くの名作を世に問い続ける倉本聰の脚本家・演出家としての仕事とともに、樹と対話するように描いた点描画約1…

【お詫び】12月9日開催イベント「家持のうたごえ」のプログラムの一部変更について

【お詫び】12月9日開催イベント「家持のうたごえ」のプログラムの一部変更について

昨日開催いたしました『大伴家持生誕1300年記念「家持のうたごえ」ー美術と音楽の交響』のうち宗次郎氏によるオカリナ演奏につきまして、北陸新幹線停電に伴う遅延により、13時の開会時点では宗次郎氏の到着の目途が立たなかったこ…

堀田善衞―世界の水平線を見つめて

堀田善衞―世界の水平線を見つめて

10月17日(水)より、「生誕100年記念特別展 堀田善衞―世界の水平線を見つめて」を開催しています。 オープニングセレモニー(10月17日(水))では、堀田百合子氏(長女)と鈴木敏夫氏(スタジオジブリプロデューサ…

【展示替えのお知らせ】堀田善衞―世界の水平線を見つめて

【展示替えのお知らせ】堀田善衞―世界の水平線を見つめて

現在開催中の「生誕100年記念特別展 堀田善衞―世界の水平線を見つめて」の展示作品・資料の展示替え(88点)を11月28日(水)より行いましたので、お知らせします。概要は以下のとおりです。 1 展示替えの概要 …

スタジオジブリ宮崎吾朗監督による「路上の人」(原作:堀田善衞)の絵コンテ、イメージボードを初公開!

スタジオジブリ宮崎吾朗監督による「路上の人」(原作:堀田善衞)の絵コンテ、イメージボードを初公開!

本展では、宮崎吾朗監督による「路上の人」のイメージボードや絵コンテ約280枚を初公開しています。主人公ヨナを少年に設定しなおした絵コンテを通して、幅広い世代の方に堀田善衞の作品に親しんでいただけます。 また、宮崎駿…

日本郵便株式会社オリジナルフレーム切手「大伴家持生誕1300年記念 里中満智子『言霊の人・大伴家持』」の発行について

日本郵便株式会社オリジナルフレーム切手「大伴家持生誕1300年記念 里中満智子『言霊の人・大伴家持』」の発行について

県では、本年が大伴家持の生誕から1300年にあたることから、家持の功績を広く普及啓発するための記念事業を展開しており、その一環として、日本郵便㈱北陸支社との連携のもと、同支社が「大伴家持生誕1300年記念 里中満智子『言…

大伴家持生誕1300年記念「家持オリジナル記念品」の販売について

大伴家持生誕1300年記念「家持オリジナル記念品」の販売について

県では、平成30年に大伴家持の生誕から1300年を迎えることから、この機会に小中高生の家持への関心を高めることを目的に、今年度の「高志の国文学」情景作品コンクール及び「ふるさとの優れた先人に学ぶ」作文コンクール(県教育委…

展覧会スケジュール 2018.4⇒2019.3

展覧会スケジュール 2018.4⇒2019.3…

「絵本読み聞かせ会」のご案内

絵本に囲まれた親子スペースを活用し、『絵本読み聞かせ会』を定期開催しています。 読み聞かせのほかに、手あそびや工作などをして楽しんでいます。 大人の方も大歓迎です。お気軽に遊びにきてください。(予約不要・無料…

高志の国 文芸サロン´18冬 参加のお誘い

日本ペンクラブ 富山の会は、県民が深く文芸を愛し、さらに創作の歓びを求めるに至ることを期待して、 広く県ゆかりの文芸人の協力を求めつつ、高志の国文学館における文芸サロンを開設しました。 高志の国 文芸サロン´…