TOPICS ニュース

ニュース

企画展『まど・みちおのうちゅう-「ぞうさん」の詩人からの手紙』の再開及び会期延長について

企画展『まど・みちおのうちゅう-「ぞうさん」の詩人からの手紙』について、下記のとおり会期を延長して開催します。


企画展『まど・みちおのうちゅう-「ぞうさん」の詩人からの手紙』

(1)会期

変更前:令和3年7月10日(土)~9月13日(月)

変更後:令和3年7月10日(土)~10月11日(月)

※会期中の休館日:毎週火曜日、9月24日(金)


(2)内容

 「ぞうさん」「やぎさん ゆうびん」「一ねんせいに なったら」―。

 誰もが一度は口ずさんだことのある童謡や詩で知られる、まど・みちお(1909~2014)。まどの童謡や詩は、かけがえのない生命を優しい眼差しでみつめ、ちいさな子どもにもわかることばで書かれています。1994年には児童文学のノーベル賞と呼ばれる「国際アンデルセン賞・作家賞」を日本人として初めて受賞しました。生涯にわたって書き続けた2000を超える作品は、子どもから大人まで、また日本のみならず、世界中に読者の輪を広げています。

 本展では、詩稿と絵画の展示のほかに、詩を題材とした絵本の原画展示、紹介映像の上映、国際アンデルセン賞の受賞挨拶、上皇后陛下美智子さまの英訳とご朗読などにより、まどの独特の宇宙を紹介します。



その他

次回以降の企画展についても、今後変更の予定です。

詳細が決まり次第、企画展のご案内に併せてお知らせいたします。

企画展
Exhibition

一覧を見る
開催中の企画展

まど・みちおのうちゅう-「ぞうさん」の詩人からの手紙

高志の国文学館では、令和3年7月10日(土)より企画展「まど・みちおのうちゅう」を開催します。

 「ぞうさん」「やぎさん ゆうびん」「一ねんせいに なったら」―。


 誰もが一度は口ずさんだことのある童謡や詩で知られる、まど・みちお(1909~2014)。まどの童謡や詩は、かけがえのない生命を優しい眼差しでみつめ、ちいさな子どもにもわかることばで書かれています。1994年には児童文学のノーベル賞と呼ばれる「国際アンデルセン賞・作家賞」を日本人として初めて受賞しました。生涯にわたって書き続けた2000を超える作品は、子どもから大人まで、また日本のみならず、世界中に読者の輪を広げています。


 本展では、詩稿と絵画の展示のほかに、詩を題材とした絵本の原画展示、紹介映像の上映、国際アンデルセン賞の受賞挨拶、上皇后陛下美智子さまの英訳とご朗読などにより、まどの独特の宇宙を紹介します。

アクセス

観覧料

高志の国文学館

〒930-0095 富山市舟橋南町2-22

TEL 076-431-5492
FAX 076-431-5490

常設展示観覧料

一般200円(団体160円)
※70歳以上の方は常設展示のみ無料で観覧できます。(年齢を証明できるものが必要です。)

企画展示観覧料

展覧会によって異なります。