TOPICS ニュース

ニュース

ご来館の皆様へのお願い-高志の国文学館の新型コロナウイルス感染症対策

富山県内でも新型コロナウイルスの感染拡大が継続し、県ではStage2(警戒情報発出)の措置を実施しています。

ご来館の皆様には、あらためて次の点についてご協力をお願いします。


【ご来館前に】

○利用当日37.5度以上の発熱、咳などの症状がみられる体調不良の方、直近2週間以内に海外渡航歴のある方については来館自粛にご協力ください。

【館内では】

○マスクの着用、手洗い、3密の回避など基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。

○入館に際しては手指消毒、検温をお願いします。

○館内では他の利用者と1m以上の間隔を確保し、会話は控えめにお願いします。


なお、今後の感染拡大によりイベントの中止など新たな措置が必要になった場合は、決定次第、速やかにホームページ、SNS等でお知らせします。


皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

企画展
Exhibition

一覧を見る
開催中の企画展

映画監督 本木克英 展

高志の国文学館では、令和3年4月29日(木・祝)より企画展「映画監督 本木克英 展」を開催します。


富山県出身の映画監督・本木克英。「釣りバカ日誌」シリーズ、「超高速!参勤交代」「空飛ぶタイヤ」など話題のエンタテインメント作品をつぎつぎに撮る一方で、テレビドラマや舞台の演出の場でも活躍しています。最近では、ラブストーリーやミュージカル、時代劇といったさまざまなジャンルの映画のメガホンをとる、いま最も期待を集める映画監督の一人です。本年1月には、映画「大コメ騒動」を公開しました。登場人物の人となりや、その背景にある時代・社会を描いて、リアリティや社会的なメッセージを大切にする監督の作品では、人と人とのふれあいや人間の温かさ、面白さが笑いになって表現されています。


本展では、本木克英監督のエンタテインメント映画の世界を、代表作を通じて紹介します。また、人情喜劇を数多く手がけてきた監督の映画力にインタビューをまじえてせまります。







企画展「映画監督 本木克英 展」(令和3年4月29日[木・祝]~6月21日[月])の開催を記念して、富山県ゆかりの映画作品一覧(PDF)を公開いたします。


富山県内でどんな映画が撮影されたのか、また、どこが映画のロケ地となったのか、ぜひご覧ください。


※富山県内のロケ地情報をお持ちでしたら、お寄せいただければ幸いです。


アクセス

観覧料

高志の国文学館

〒930-0095 富山市舟橋南町2-22

TEL 076-431-5492
FAX 076-431-5490

常設展示観覧料

一般200円(団体160円)
※70歳以上の方は常設展示のみ無料で観覧できます。(年齢を証明できるものが必要です。)

企画展示観覧料

展覧会によって異なります。