展示情報

exhibition

次回の企画展

【前売券発売中】開館10周年記念企画展「没後50年 川端康成展-愛を乞う魂」

高志の国文学館では、令和4年12月24日(土)から、開館10周年記念企画展「没後50年 川端康成展―愛を乞う魂」を開催します。

「伊豆の踊子」「雪国」などの代表作で知られる川端康成(1899 1972)。アジアで2人目のノーベル文学賞受賞者として世界にその名を謳われ、没後50年となる現在も数多くの著書が読まれ続けている、日本を代表する文豪のひとりです。

 日本の美を描いた作家という印象が強い川端ですが、初期のころは〈新感覚派〉の一員として、先鋭的な作品で注目されています。また、長い作家生活のなかで常に新しい芸術表現を試み、幅広いジャンルの作品を手がけました。戦後は、一般的な道徳を超えたところにある独自の美=〈魔界〉を追求し続け、変幻自在な筆でつむいだその物語は、驚くべき多様性と多面性に満ち、頁をめくるたびに読者を新たな世界へと誘います。

 川端は、14歳の時には唯一の肉親であった祖父とも死別し、孤児となりました。人の愛情をありがたいと感じながらも、癒されることのないさびしさは、孤独を乗り越えようと人とのつながりを追い求める、各作品の登場人物にも映しだされています。

本展では、作品に底流する〈人間・川端〉のさびしさとやさしさ、人間の根源を見つめ、紡いだ、〈川端文学〉のさまざまな愛の世界をご紹介します。

  • 会期
    令和4年12月24日(土)~令和5年2月27日(月)
  • 開館時間
    9:30~18:00(観覧受付は17:30まで)
  • 休 館 日
    毎週火曜日、年末年始(12月29日(木)~1月3日(火))、令和5年2月13日(月)、2月24日(金)
  • 観 覧 料
    一般500円(400円)、大学生250円(200円)
    ※()内は20名以上の団体料金。企画展観覧券で常設展もご覧いただけます。
    ※小・中・高校生及びこれに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は無料。
  • 前売券の販売
    前売券を高志の国文学館またはアーツナビで販売いたします。

    前売り・一般400円
    ※販売期間 12月23日(金)まで