展示情報

exhibition

開催中の常設展

富山の詩人たち、詩人たちの富山-富山文学地図(3)

令和3年6月18日(金)~令和4年6月下旬

  富山県内の詩の創作活動は、文庫派・河井酔茗(かわい・すいめい)の浪漫的な詩の影響を受けて明治時代にスタートし、大正、昭和、そして戦後へと続く県内各地の活発な同人誌活動によって定着していきました。富山の風土に根ざした叙情性豊かな詩の系譜は現代詩に引き継がれ、田中冬二(たなか・ふゆじ1894~1980)、高島高(たかしま・たかし1910~1955)、萩野卓司(はぎの・たかし)らの登場によって実を結んでいきました。

 昭和39年(1964)には富山現代詩人会を結成、初代会長の萩野卓司の後、稗田菫平、高島順吾、青塚与市、池田瑛子、高橋修宏が会長を務め、平成17年(2005)には富山県詩人協会に名称を変更して現在にいたります。

 シュルレアリスムに関する詩論や詩作を発表し前衛芸術運動をリードした瀧口修造(1903~1979)のようなユニークな詩人も輩出しています。

  • 展示期間
    令和3年6月18日(金)~令和4年6月下旬
  • 展示場所
    高志の国文学館常設展示室クローズアップコーナー
  • 主な展示資料
    田中冬二、高島高、瀧口修造、井上靖、堀田善衞の資料のほか、富山の詩人たちの詩集、同人誌、富山をよんだ代表詩などを紹介します。