展示情報

exhibition

次回の企画展

太宰 治 創作の舞台裏 展

高志の国文学館では、令和3年10月30日(土)より企画展「太宰 治 創作の舞台裏 展」を開催します。

 太宰治の作品は、独特のささやくような語りの文体で若い読者を捉えています。『走れメロス』『斜陽』『お伽草紙』『富嶽百景』『トカトントン』が教科書に採用されるなど、太宰治は若い世代に広く知られる、最も人気のある作家のひとりです。
 本展では、近年発見されたノート、原稿、草稿、写真など「貴重資料」に焦点を絞り、「語りの文体」と称される太宰文学の魅力がどのように生み出されたのか、その「創作の舞台裏」に迫ります。また、『女生徒』『黄金風景』『満願』などの中期の明るく、家庭的な愛情あふれる作品にもスポットをあて、あらたな太宰作品との出会いをお楽しみいただきます。

太宰治展チラシ

  • 会期
    令和3年10月30日(土)~12月20日(月)
    ※会期を変更しました。
  • 開館時間
    9:30~18:00(観覧受付は17:30まで)
  • 休 館 日
    毎週火曜日、11月4日(木)、11月24日(水)
  • 観 覧 料
    一般400円(320円)、大学生200円(160円)
    ※( )内は20人以上の団体料金。企画展観覧券で常設展もご覧いただけます。
    ※小・中・高校生及びこれに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は無料。
  • 前売券の販売
    前売券を高志の国文学館またはアーツナビで販売いたします。
    一般前売券 320円
    ※販売期間 10月29日(金)まで